HOME中国税関

中国税関について

中国税関について

WTO譲許関税率表に基づき

中国政府は2003年1月1日から,WTO譲許関税率表に基づき,3,019関税品目に及ぶ輸入関税の引き下げを実施した。これにより2003年の平均輸入関税率(単純平均)は,2002年の12.0%から11.0%へと低下した。情報技術協定(ITA)対象の90品目の関税が撤廃されたほか,自動車に対する関税も引き下げられた。今回の関税引き下げについて,周兵・対外貿易経済合作部WTO司副処長は,ジェトロ・北京のインタビューに対し,「今回の措置により,輸入関税の一段の引き下げが図られた」と述べた。

<自動車に対する関税を一段と引き下げ>

今回の関税引き下げに伴い,カテゴリー別の平均関税率は,工業品が11.4%から10.3%に,農産品が18.1%から16.8%へと,それぞれ低下した。またITA対象の90品目が新たに撤廃され,ITA対象251品目の平均関税率は,3.5%から1.5%に低下した。既に関税が撤廃された対象品目は213品目と,全体の83.2%に達する(残りの品目は2005年までに撤廃の予定)。また注目された自動車の関税率については,3000cc超の自動車が50.7%から43.0%へ,3000cc以下の自動車は43.8%から38.2%へ,WTO加盟議定書で譲許された関税率どおりに,それぞれ引き下げられた。
一方,加盟議定書において,従価税化で譲許された感光材料(写真用フィルムなど),一部化学品については,税率は引き下げられたものの,2003年も引き続き従量税が適用されており,譲許関税が未履行の状況にある。また,中国政府は関税引き下げのほか,143品目に及ぶ輸入許可証管理品目の削減を行った。

関税引き下げに関する中国税関総署2002年第39号公告(2002年12月25日付)の概要は以下のとおり。

(1) 2003年の輸入関税品目(以下品目)総数は7,445品目(HSコード8ケタ,2002年は7,316品目)。
(2) 3,019関税品目の最恵国輸入関税率を引き下げ。平均関税率は2002年の12%から11%に低下。
(3) 冷凍鶏肉,ビール,ビデオカメラなど51品目については,引き続き従量税,複合関税(従価税と従量税双方の組み
   合わせ)を賦課。税率を2002年よりも引き下げる。
(4) 小麦,大豆油など農産品20品目,尿酸など化学肥料3品目については,引き続き関税割当管理を実施。割当外税率
   を2002年よりも引き下げる。
(5) ITA税率が部分適用される15品目に対しては,以下の手順による手続きが必要。
  (a) ITA税率適用の可否については,企業が所在する税関が審査・確認。
  (b) 輸出入貨物出荷・受取人またはその代理人は,貨物が実際に輸入される15労働日前に,所在地税関に対し,
  「ITA税率を部分適用する商品用途申告書」を提出(注)。
  (c) 税関で審査,適用を確認。
  (d) 確認後,税関は「ITA税率を部分適用する商品用途認定証明」を発行(注)。
  (e) 輸入地の税関は,ITA税率に基づき関税を徴収。
(6) 韓国,スリランカ,バングラデシュ,ラオスを原産の757品目の輸入については,バンコク協定税率を適用する。
(7) バングラデシュを原産とする20品目(水産品,繊維製品,電池)の輸入については,特恵税率(中国と特殊優遇
   関税協定を結んでいる国・地域に適用する税率)を適用する。
(8) 216品目の輸入商品と,23品目の輸出商品については,2003年度の最恵国暫定税率を適用する(最恵国暫定税率
   は,一般最恵国税率より低率)。
(9) 新聞紙の輸入には,従価税を適用し,今後はスライド関税を適用しない。

なお2003年に適用される関税率は,「中華人民共和国海関進出口税則2003中英文版」に掲載されている。

(注) 申告書,証明書フォームは,税関総署ウェブサイト( http://www.customs.gov.cn/ ) に掲載されている。

関税率問い合わせ先   国家税務総局  http://www.customs.gov.cn/ 

中国貿易のことはご相談ください。

SIDE MENU



このページのトップへ