HOME商標登録

中国の商標登録について

中国の商標登録も日本と同じ先願主義です

中国では無断で日本の有名ブランド・有名商品などが登録されています。

中国商標法が日本と同じ先願主義を採用していますので、有名ブランドや有名商品・中国進出後にヒットした商品等の中国商標出願・中国商標登録をしておくことをすすめます。
中国の企業・個人が日本の有名ブランド・商品等を先回りして商標登録し、本家本元が中国でその商標を使用できないという問題も発生しています。
又、先回りして登録した権利者から、法外な譲渡費用を要求された例もあります。

中国での中国商標登録について

日本で中国商標登録の手続きをしたとしても、その効力が及ぶのは日本の国内だけです。
ですから中国で中国商標登録を行うためには中国国内で中国商標登録を行わなければなりません。

中国商標登録の流れ

1、商標に関する主な機関には、国家工商行政管理総局の管轄下にある「商標局」「商標評審委員会」「地方工商行政管
  理局」があります。
   @商標局は、商標出願・商標の異議申し立ても行う。
   A商標評審委員会は、商標局で登録した商標の取消審判の審理を行う。
   B地方工商行政管理局は、「経済警察」とも呼ばれ、市場管理、マーケティング、模倣品の製造販売の取締、
   商標標識の不法印刷の取締など、経済活動を総合的に管理監督する機関です。

2、手続きの流れ
   @ネーミング選定(事前調査)
   A出願提出
   B受理通知(出願後1〜2ヶ月で受理通知があります)
   C補正(該当商品・サービスの説明書やパンフレット等を提出し詳細説明)
   D審査
   E初審査定(出願後初審査定までの期間が2年半以上を要する)
   E公告(拒絶理由がなければ初審査定を経て公告)
   F異議申立(公告後3ヶ月間の異議申立期間)
   G登録
   H更新(更新期間10年間)

尚、商標登録も含めて中国の諸処の申請等は、中国事情に精通した現地代理人との連携が重要です。

中国貿易のことはご相談ください。

このページのトップへ