HOME輸入化粧品衛生許可証

対中国輸出化粧品の輸入化粧品衛生許可証手続きについて

対中国輸出化粧品の輸入化粧品衛生許可証手続きの流れ

1.輸入化粧品衛生許可証の申請

 中国へ化粧品の輸入を行う場合は、中国衛生部が発行する「輸入化粧品衛生許可証」の取得が必要です。
    必要書類 @化粧品の成分表
         A化粧品の品質基準
         B化粧品の商品外装箱と翻訳文
         C化粧品の説明書          D日本の生産と販売の許可書
         E各商品サンプル12点(現商品)

2.輸入化粧品見本検査

  「化粧品衛生行政許可検査規定」に基づき、衛生部指定の検査機関が行います。
   申請の際に申請表、サンプル及び上記資料を提出する必要があり、検査終了後、検査機関から「検査報告書」が
   発行されます。
   検査項目には、微生物検査、衛生化学検査、毒理学試験、人体安全性および効果評価検査が含まれています。

3.輸入化粧品許可/届出手続

   @申請表
     A化粧品の成分表
     B化粧品の品質基準
     C「検査報告書」
     D化粧品ラベル
     E化粧品説明書
     F日本の生産販売許可証明書
     G化粧品サンプル等
    全ての資料は中国語の記載または中国語翻訳が必要となります。
    衛生部が発行する輸入化粧品衛生許可証の有効期限は4年です。
    生産販売許可証明文書については、日本化粧品工業連合会まで問い合わせてください。

4.ラベル審査

輸入化粧品は検査申請の際に、ラベル審査もあわせて行われます。
ラベルには以下の内容を表示します。
     @化粧品名
     A生産企業名
     B生産国
     C生産企業所在地
     D容量
     Eロット番号
     F使用期限
     G化粧品の説明書
     H輸入化粧品衛生許可証番号
     I輸入業者名又は、販売業者名及び所在地等

5.輸入検査申請、通関手続き

輸入業者は通関の際、税関、通関地の出入国検査検疫機関に下記の書類を提出し手続きを行います。
    @信用状 L/C
    A船荷証券
    Bインボイス
    Cパッキングリスト
    D原産地証明
    E日本の生産販売許可証明書の原本
    F中国語ラベル検査届出関連資料
    G化粧品ラベル及び中国語翻訳文等
    検査検疫の際、出入国検査検疫機関が書類の審査を行い、必要に応じて実物検査を行います。
    検査合格の場合、「入国貨物通関書」が発行されます。

6.輸入関税、増値税

   化粧品の関税最恵国税率は6.5%ないし15%、輸入増値税税率は17%。

※尚化粧品の成分については、抗生物質、ホルモン剤およびヒトの細胞組織またはその製品を中心とした1,286種類の
 物質が配合禁止となっていますので注意が必要です。
 現地の輸入業者・商社と良く打ち合わせすることが望ましいです。


中国貿易のことはご相談ください。

このページのトップへ